塾におけるチューターの役割

学習塾に求められるものは、単に英語や数学など教科の指導を行うだけではありません。
志望校の合格に向けて足りていない部分はどこなのか。
家庭での学習状況はどうなのか。
模擬試験の結果の分析。
など様々な視点で生徒の学力向上や志望校合格へ向けての取り組みが求められてきています。
このような様々な点について生徒をフォローしていくのが「チューター」という仕事です。
実際に教科の授業をする人とは別に、様々なアドバイスなどをするチューター専門の人を配置している塾も多くなってきています。
頻繁に生徒と面談をし、時には親も含めて話をしたりもします。
ほとんど学校の担任の先生と同じような役割です。
このように様々な対応が求められるので、ある程度の経験がないと難しい仕事とは言えますが、逆に、バイトの大学生をチューターとして雇い、身近で受験を経験した人が生徒の相談などに乗り、生徒をフォローしていくという塾もあるようです。
少子化の現代、子どもが減少している中で、どれだけこのような子どもたちをフォローしていく仕組みを作れるかが、塾の生き残りを左右させることにもなってきています。

フィリピンで英語を話せるようになる

自己手配で経済的に海外留学

塾のチューターで、社会人経験をする

チューターというのは、塾や予備校で、生徒たちのお世話をする仕事のことを言います。
チューターは

サンプルイメージ2

塾のチューターのバイトの最初の探し方

大学生のみなさんは、受験生のとき塾や予備校のチューターにお世話になった方も多いのではないのでしょうか

Copyright© 塾 チューター バイト All Rights Reserved.